さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Fate/stay night(フェイト/ステイナイト)[アニメ感想・アニメレビュー] 

  

 

Fate/stay night(アニメレビュー・アニメ感想) Blu-ray BOX <期間限定生産> 

Fate/stay night
(フェイト/ステイナイト)

 

24 (2006)

原作

TYPE MOON

監督

山口祐司

シリーズ構成

佐藤卓哉

キャラデザ

石原恵

音楽

川井憲次

アニメ制作

スタジオディーン

 

[Fate/staynight] あらすじ

 

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る戦争に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。魔術を習うもその才能を見いだせず、半人前の魔術師として生きていた主人公・衛宮士郎。彼は偶然にもサーヴァントの一人・セイバーと契約したことから、聖杯戦争に巻き込まれてゆく……。

 

 

 

 おすすめアニメ・おすすめマンガのレビュー、批評「さとすのレビュー白書」 2 設定に燃え、そしてキャラに萌える

 
何でもその願いを叶えてくれるとされる聖杯。その聖杯を巡り、魔法使いであるマスターと彼らが使役する英霊たちが壮絶な戦いを繰り広げる…

甲冑を身にまとった美少女剣士セイバーが印象に残って仕方のない「フェイト/ステイナイト」は、綿密に作り込まれたシナリオが話題となり大ヒットをとばしたPCゲームをアニメ化したものだ。

 

 さてさて本作の見どころはと問われると、当然のことながらバトルファンタジーものということもあり、過去の英雄たちの必殺技飛び交う熱いバトルシーンもさることながら

 

戦いこそがアイデンティティとするセイバーと戦うことを避ける主人公が次第に信頼関係を築いていく過程、その描写。これも見逃せない。

そして、そういったプロセスを踏まえた上で集約される結末も”必見”と呼べる美しさである。

 

 ともかくバトルロワイヤルという設定に燃えるぞ。剣で果敢に戦うヒロインには萌えるぞとういった方には是非おすすめの「フェイト/ステイナイト」。

 

 ただ、これは本作に限ったことではないのだが、そもそもが膨大な量のテキストをわずか2クールにまとめようというのだから、全てを知るには原作で補完しなければならない点は注意が必要である。本作も3ルートある内のひとつを主軸に味付けを施している構成。設定や展開に置いてけぼりを食らう可能性があることはあらかじめ覚悟しておいた方が良いかもしれない。

 

 

ストーリー

 

 

キャラクター

 

 

演出

総合評価

 

映像

B+

 

音楽

 

その他

 

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

     

( 2009/08/21 01:36 ) Category 〔は行〕 | TB(0) | CM(3)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/11/30 22:57 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/23 13:56 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/27 09:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。