さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたは日本の核武装に賛成ですか? 

  

Yahoo!News (8/4)
英語版はだしのゲンが完成。オバマ大統領にも贈呈、核廃絶に期待。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000083-jij-soci

 
はだしのゲンの英語版がアメリカで出版されたという記事を目にした。漫画は直接的に視覚に訴えかける。今更ながらに原爆が齎した災厄に衝撃を受けたアメリカ人も多いとのことだ。

「はだしのゲン」は作者である中沢啓治氏自身の体験を元に、主人公ゲンが原爆で家族を失いながらもたくましく生きる姿を描いたものだ。

私自身の話をすれば学校の図書館にあったこともあり、生まれてはじめて原爆というものを深く知ることになった作品で、そのオブラートに包み込まない(それでも包んでいるのかもしれないが)直接的な表現に衝撃を受けたことは今でも記憶に残っている。

はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)

一方で、原爆を題材としたマンガのなかでこの「はだしのゲン」は代表作であることは紛うことはないが、原爆を通して、命の尊さそして力強さが描かれた新たな作品も生み出されている。
こうの史代氏作の「夕凪の街 桜の国」もそのひとつ。被爆者、被爆二世、二人の視点から日常のなかに潜み続ける原爆の恐怖、そしてそれに向き合っていく姿を描いた秀作である。 

 夕凪の街桜の国

多くの
人々の命を奪い、今なお奪い続けている原子爆弾が広島、長崎に投下されてから64年が過ぎ、体験者の数減り続ける一方で、私も含め戦争を体験したことのない人の方が圧倒的に多くなった現在。
日本も核武装すべきだ、いや核兵器はだめだそんな議論がなされるなかで言いたいことがあるとするとひとつ。「深く考えずに安易に口にするな」と言うこと。

「はだしのゲン」しかり「夕凪の街 桜の国」しかり 様々なものを読んだり見たり聞いたりし、じっくり考えた上で発言してもらいたいと感じるのである。




 

( 2009/08/10 20:04 ) Category マンガ批評・アニメ批評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。