さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「スクールランブル」のレビュー(アニメ感想) 

スクールランブル アニメレビュー、アニメ感想 

スクールランブル

 

26 (2004)

原作

小林尽

監督

高松信司

シリーズ構成

ときたひろこ

キャラデザイン

渡辺はじめ

音楽

大森俊之

アニメ制作

スタジオコメット

 

[スクールランブル] あらすじ

 

同級生の烏丸大路(からすま おおじ)に気持ちを伝えられないでいる高校2年生の塚本天満(つかもと てんま)。しかし、烏丸があと1年で転校してしまうことが判明する。一方、そんな天満に恋をして気持ちが伝わらず、一人落ち込む毎日を送る不良の播磨。天満と烏丸のランチ現場を目撃し、登校拒否&放浪の旅に出てしまうのだった・・・

 

 おすすめアニメ・おすすめマンガのレビュー、批評「さとすのレビュー白書」 2  原作を読まないと入り込めないかも

  
天然でおバカなヒロイン「天満」と天満に恋をしてしまった不良少年「播磨」を中心に繰り広げられるドタバタラブコメ「スクールランブル」。
 
学園ラブコメということで、高校生の
「好きだ惚れた」が展開されはするのだが、本作に至ってはストーリーより、勘違いから算出される突拍子もないギャグ&パロディが全面に押し出され、ギャグ色が強い

「ギャグものはキャラクターがたっているか?」
ここが重要なのだが…スクランに至っては心配いらない。

ひとりひとり明確な性格づけがなされたキャラたち。片思い、すれ違い中心の相関関係は抜群で、邪険にされているキャラがあんまりいない。
「これはどうか?」と思うしょーもないギャグや展開をキャラでカバーできている理想的な形を象っている。
 
(結局「ツンデレ&声優かよ」と思われるかもしれないが個人的には能登麻美子演じる「八雲」と、堀江由衣演じる「沢近」は良い感じ。)
 
ともかく
OP曲の歌詞同様、同じところをぐるぐる回って進展しないアニメ「スクールランブル」。ドタバタラブコメを楽しみたい方にはおすすめである。

 

 

 

ストーリー

 

 

キャラ

 

 

演出

総合評価

 

映像

BC

 

音楽

 

その他

 

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

( 2009/07/27 23:55 ) Category 〔さ行〕 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。