さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

深夜アニメ視聴率トップ!ノイタミナは何故視聴率が高いのか? 

おすすめアニメ・おすすめマンガのレビュー、批評「さとすのレビュー白書」 2 
『東京マグニチュード8.0』"ノイタミナ"史上最高の第1話視聴率でスタート

先日放送された「東京マグニチュード8.0」の初回視聴率がフジテレビ系列深夜アニメ枠「ノイタミナ」で歴代1位という記事。

ノイタミナ」というとフジテレビ系列深夜アニメ枠の名称。
2005年「ハチミツとクローバー」からはじまって「東京マグニチュード8.0」で早16タイトル目。着実に話題を集め、深夜アニメ枠としては異常に高い視聴率をマークし続けている。(けいおんが1パーセント前後)。

ではそもそもなぜノイタミナは視聴率が高いのか?

理由はターゲットを普段アニメをみない人、とりわけ女性に向けられ、それに向けての戦略がきっちり練られている点があげられる。
少女マンガ原作を土壌としながらも、癒し系キャラの登場する「もやしもん」はたまた本来おどろおどろしいホラーをスタイリッシュな映像で提供したりと徹している。

また、ドラマが大ヒットした「のだめカンタービレ」はそのドラマと連動させ、「墓場鬼太郎」に関しては子供向けに制作された「ゲゲゲの鬼太郎第5シーズン」と放送時期をかぶらせるなど 話題作りや相乗効果を狙うメディアミックスも見逃せない。

ともかく、
日本人は男女問わず、幼少期には多くの方がアニメを視聴していたと土壌があるわけで、深夜アニメでその潜在的顧客を開拓しようとした試みと結果を出してきたのは素晴らしい。
その他の深夜アニメも悪くはないが、今後も大人が楽しめる深夜アニメ枠として末永く続いてもらいたいと思う今日この頃である。

(参考)
(アニメ感想)「のだめカンタービレ」レビュー
(アニメ感想)「墓場鬼太郎」レビュー  
(アニメ感想)「もやしもん」レビュー  
(アニメ感想)「東のエデン」レビュー

ノイタミナ放映作品

放映年

タイトル

平均
視聴率

原作

2005

ハチミツとクローバー

3.0

少女マンガ

2005

Paradise Kiss

3.2

少女マンガ

2006

〜ayakashi

3.5

古典

2006

獣王星

3.5

少女マンガ

2006

ハチミツとクローバーII

3.3

少女マンガ

2006

働きマン

4.0

少女マンガ

2007

のだめカンタービレ

4.4

青年マンガ

2007

モノノ怪

3.5

古典

2007

もやしもん

4.6

青年マンガ

2008

墓場鬼太郎

4.8

貸本

2008

図書館戦争

3.5

小説

2008

西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜

3.5

少女マンガ

2008

のだめカンタービレ 巴里編

4.6

少女マンガ

2009

源氏物語千年紀 Genji

3.3

古典

2009

東のエデン

4.6

オリジナル

2009

東京マグニチュード8.0

 

オリジナル

※平均視聴率は推定(さとす調べ)


ノイタミナ原作 

【追記】
この「東京マグニチュード8.0」遅ればせながら1話を試聴したが首都圏大地震をモチーフに家族の大切さ、危機管理を訴えかける内容でテーマ性、クオリティ高く、期待がもてそうであることも追記しておきたい。

( 2009/07/20 01:13 ) Category マンガ批評・アニメ批評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。