さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【東のエデン】のレビュー(感想) 

 

ノブレスオブリージュ、今後も救世主たらんことを

pppp

東のエデン 第5巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]

東のエデン

 

(2009年/11)

原作

神山健治

監督

神山健治

シリーズ構成

神山健治

キャラデザイン

森川聡子

音楽

川井憲次

アニメ制作

Production I.G

 

あらすじ・概要

 

20101122日月曜日、日本各地に10発のミサイルが落下するテロが発生する。人々はこのテロ事件を『迂闊な月曜日』と呼んだが、奇跡的に1人も犠牲者が出なかったこともあって次第に危機意識を失っていった。それから3ヵ月後、アメリカニューヨークへ卒業旅行に出かけていた大学生「森美咲」は仲間と別れてワシントンD.C.を訪れ、ホワイトハウスの噴水にコインを投げようとして警官に呼び止められる。そこに全裸で拳銃と携帯電話を持った謎の日本人青年「滝沢朗」が現れ、咲は難を逃れる。意気投合した2人は一緒に日本へ帰国することとなるが、その日東京へ11発目のミサイルが打ち込まれる。その時、滝沢の携帯電話に「ジュイス」と名乗る女性からのメッセージが入る

 

感想

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif期待に応えてくれたオトナアニメ

 

目覚めると何故か裸で記憶がない
携帯から引き出せる何十億もの金
その金を使って何でもしてくれる使用人…
何から何まで謎だらけの設定で幕をあける「東のエデン」。

「攻殻機動隊」「精霊の守り人」などの秀作を手がけたプロダクションIGと神山監督。加えて「ハチミツとクローバー」の羽海野チカをキャラ原案にもってくるなど否が応にも期待させてくれる作品だ。
 
ニート、就活、高齢化、福祉、日本の安全保障、男権の失墜、ネット社会、携帯依存症、さらには不用意な発言で支持率を低下させる内閣…
現代社会の問題点を皮肉まじりにえぐりだしたかと思えば、
遊び心を入れたかのように映画ネタ、押井守作品パロディなどをちりばめながら
何故記憶がない?
過去にしてきたこととは?
今どういう状況?
様々な謎が徐々に紐解かれていく展開は期待通りの出来映え
 電脳世界や口伝、伝承からひとつの真実を導き出してきたかつての作品の様に
携帯電話というアイテムを通して、カタルシスを味わわせてやろうとするアプローチに神山監督らしさも感じられるのもうれしい
 

また、力の入れ様はそれだけに止まらない。
”まるで映画”と見間違えるような美しい映像も惹きつけるに十分。
ガラスごしにうつった顔と外の景色から心理描写をあらわすといった技がそのクオリティの高さを物語っている。
 
と、実は本作は”主人公が何に巻き込まれているのか””何故記憶がないのか”をつづったもので謎はまだまだ残されたまま
「あとは劇場版で見てね」という商法はどうかとも思うが、主人公たちの未来がどうなっていくのか…気になるところである。

 

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

A

映像

音楽

演出

その他

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。