さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神々しいまでの美しさ【シムーン】のレビュー(感想) 

『 行きましょう、自由になれる場所へ 

pppp

 Simoun (シムーン) 1 [DVD]

Simoun (シムーン)

 

(2006年/26)

原作

小山田風狂子・篠吉祥・美原轟

監督

西村純二

脚本

小山田狂子・大和屋暁

西村ジュンジ・岡田麿里

キャラデザイン

西田亜沙子

音楽

佐橋俊彦

アニメ制作

スタジオディーン

 

あらすじ・概要

 

人は必ず女性として生まれ、17歳になると自らの意思で性別を選び、大人となる「大空陸」と呼ばれる世界。神秘のエンジン「ヘリカル・モートリス」を有する宗教国家シムラークルム宮国に、その力を求めて隣国が侵攻を開始する。その迎撃のために、宮国は神への儀式のために用いていた神秘のエンジンを積む飛行艇「シムーン」を戦闘用に改造、そしてそれを操ることのできる巫女たちを戦場へと送り出すのだった…

 

感想

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif神々しいまでの美しさ

 

女として生まれ、17歳で性別を選択する一風変わった世界を舞台に、空を自由に飛び回ることのできるシムーンと呼ばれる飛行艇とその世界の謎に迫ってゆく「シムーン」。

 

閉塞感漂う田舎町を舞台に高校生の将来への不安感、恋愛を通してその成長を描いた「true tears」の制作陣らしく、本作も若者たちの微妙な心理が巧みに描かれる

 

戦いに駆り出され、少女のままでいることを強要された少女たち。

いずれ大人にならざるおえないことへの葛藤と導き出す選択…

 

性別を選択することのできる世界という設定が、
より少女たちのモラトリアム感を加速させ、
永遠の少女足りえない儚さからくる、ある種の”美しさ”も上手く表現されている。

 

なかでも、シムーンに乗り込むために必要とする少女同士のキス。

そのシーンに百合要素を抜きにして、
神々しいまでの美しさを感じたのは私だけではないはずだ。


空戦、美少女たち、百合要素と何かとマニアックな印象を受けがち、あるいは実はそれらの楽しみ方もできてしまう作品(基本的にそれで良いのだが…)ではあるが、激情的に少女たちのモラトリアムを映し出していくという側面も持ち合わせているということも強調しておきたい。

 

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

B+

映像

音楽

演出

その他

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。