さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3期が楽しみ!【BLACK LAGOON(ブラックラグーン)】のレビュー(感想) 

『 力もねぇ、神もいねぇ中国人のメスガキに頼れるものは一体何だ?

 そいつは金だ、そして銃だ。この2つがありゃ天下泰平だ。

pppp

 BLACK LAGOON 1 初回限定版 [DVD]

BLACK LAGOON

(ブラック・ラグーン)

 

(2006/24)

原作

広江礼威

監督

片淵須直

シリーズ構成

片淵須直

キャラデザイン

筱雅律

音楽

EDISON

アニメ制作

マッドハウス

 

あらすじ・概要

 

主人公「岡島緑郎(ロック)」は会社の機密ディスクを運ぶ途中、運び屋「ラグーン商会」に拉致される。すったもんだあって会社に見捨てられたロックはそのまま「ラグーン商会」の水夫として雇われるのだが…無法都市「ロアナプラ」を舞台に、主人公と、元軍人のボス「ダッチ」、二挺拳銃の異名を持つ「レヴィ」、凄腕ハッカー「ベニー」らラグーン商会の面々と裏社会の組織・人物によって繰り広げられるハードボイルドガンアクションのアニメ化。

 

感想

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gifマンガも良いが、アニメも良い!

 

運び屋「ラグーン商会」にひょんなことから雇われることになった日本人を主人公に、無法都市ロアナプラに暗躍するマフィア、殺し屋たちの抗争を描いた「BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)」。そのB級テイストのハードボイルドを2006年に変則ながら2期に渡りアニメ化したのがこの「BLACK LAGOON」「BLACK LAGOON The Second Barrage」だ。

 

もともとスピード感あふれるガンアクションと刹那的な生き様を見せつけるキャラたちが魅力の原作だが、アニメ版もコミック6巻までのストーリーをほぼ忠実に再現。かつ、そのスピード感、キャラの魅力やそのままにうま味たっぷりに仕上げている

特にアクションシーンは慣れないとやや読みづらい印象を受ける原作に比べ、キャラがスムーズに動き、息をつかせぬスピード感あふれるガンアクションが展開。ストレスを感じることなく派手なドンパチが楽しめる

狂気のターミネーター女メイド「ロベルタ」が襲いかかってくるシーンはばっちりの出来映えだ。

 

また、魅力あるキャラクターたちも健在だ

なかでも一押しは、軍隊のような部隊を率いるロシアンマフィアにして最凶の姉御「バラライカ」。ストーリーとしても完成度の高いと言われる2期はじめのエピソード”ヘンゼル・グレーテル編”で見せたその存在感は抜群。
「跪け!」ってあのセリフには本当にぶるった。

 

と、スラング、グロシーンがそのままに使われている(地上波では一部規制がかかった)のできれいな作品とは言い難いが、逆にそれが「BLACK LAGOON」クオリティ感を高めてくれた本作。原作同様にびびびっと痺れさせてくれる作品に仕上げてくれた制作陣に拍手を送りたくなる作品である。

 

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

A

映像

音楽

演出

その他

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。