FC2ブログ

さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

男キャラに萌える?【乙女はお姉さまに恋している】のレビュー(感想) 

『 これが…僕?

 乙女はお姉さまに恋してる IV =限定版= [DVD]

乙女はお姉さまに恋してる

 

(2006/13)

原作

キャラメルBOX

監督

名和宗則

シリーズ構成

長谷川勝己

キャラデザイン

良沢ノリコ

音楽

礒江俊道

アニメ制作

feel.

 

あらすじ・概要

 

多くのお嬢様が通う「聖應女学院」。そんな伝統ある女子校に、祖父の遺言で男でありながら転入することになった「宮小路瑞穂」。無理矢理女装させられ男を隠して学校に通うことになったのだが…容姿端麗、文武両道な瑞穂は次第に生徒たちから注目される存在になっていく。

 

感想

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif設定が男なのに…萌えてしまう。感覚マヒアニメ

 


如何にも原作がギャルゲーらしい浮世離れした設定、そしてキャラクターたちによって繰り広げられるラブコメディがこの「おとボク」だ。


祖父の遺言でなぜか女装して名門女子校に通うことになった主人公とその仲間たちが織りなす学園生活を中心にしたありがち学園ものの本作ではあるが、やはりその見どころはその主人公のモテモテっぷり

「ああ、ハーレム系だしね」
そんな声も聞こえてきそうではあるのだが、
本作は他のハーレム系アニメとは一味違う

主人公は男として、学校の女子たちにモテモテになっていくのではなく、乙女たちの憧れの女性へと成長していく過程でどんどん女性としてモテモテになっていくのだ。
うーん。逆性別ハーレム? なんにしてもこれは面白い。


また、見ている方も「瑞穂」の女性としてどんどん成長していく姿に
さらには、嫌味の感じられない性格、堀江声も功を奏して、
男キャラなのに、「瑞穂」を女キャラとしてしか見れない…不思議な感覚にとらわれてしまうのも魅力だろう。

と、その他にも伝説に残るようなツンデレっぷりをみせる生徒会長「貴子」はツンデレ好きにはたまらなかったり、見方を変えれば変則ながらも百合アニメとしても楽しめる本作。ストーリーも最終回は賛否があろうが、「溶け込むまで→お姉さまとしての成長→三角関係の勃発」とだらだらせずテンポ良く見られるので、一度「男キャラ」に萌えられるこの感覚マヒを味わってみてはと思う。

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

A‐

映像

音楽

演出

その他

演出…少女漫画っぽい、後藤の早セリフがなんとも
キャラ…貴子のツンデレ、瑞穂萌え…なんと素晴らしい
ストーリー…テンポは良い。ツッコミ入れだすと止まらないのでその辺は注意。

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

こんばんは、につきです。
「乙女はお姉さまに恋してる」は楽しんで見てました。
男のはずの瑞穂がもう女の子にしか見えなかったです(^^)

>「溶け込むまで→お姉さまとしての成長→三角関係の勃発」と
>だらだらせずテンポ良く見られるので
貴子とまりやで瑞穂を取り合ったのかどうか気になります。
続編とかちょっと期待していたんですけどね。
変則な百合アニメでしたけど私も高評価です。
[ 2009/06/10 20:43 ] [ 編集 ]
返信が遅れてしまいました…
すいません<(_ _)>

> 男のはずの瑞穂がもう女の子にしか見えなかったです(^^)

同感です。
本当素晴らしいお姉さまに成長しましたよね
続編は…今更されないですよね…
やっぱり


[ 2009/06/12 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。