さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネタアニメとして見るも良し【京四郎と永遠の空】のレビュー(感想) 

『行こう…一緒に

 京四郎と永遠の空 第五巻〈初回限定版〉 [DVD]

京四郎と永遠の空

 

(2007/12)

原作

介錯

監督

柳沢テツヤ

シリーズ構成

植竹須美男

キャラデザイン

藤井まき

音楽

窪田ミナ

アニメ制作

ティー・エヌ・エー

 

あらすじ・概要

 

大崩壊から10年後の日本。自分を迎えに来てくれる王子様の夢を見る女子高生「白鳥空」の姿が学園都市第69学園誠安学園にあった。そんなある日、常に空疎感に苛まれ自分は空っぽな存在と思い続ける彼女の前に、幾度となく夢で見た王子様と瓜二つの「綾小路京四郎」が現れたのだった…


感想

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gifなんか損しちゃってる作品


空疎感を抱く少女が夢で見る王子様と出会い
かつて大災厄をもたらした絶対天使との戦いに巻き込まれる。

百合アニメとしてその名をアニメファンに刻みつけた「神無月の巫女」と原作者、監督、シリーズ構成にいたるまでほぼ同じくして制作されたファンタジーがこの「京四郎と永遠の空」だ。ちなみに学園+ロボット+美少女と期待通りの設定である。


ラスボスの狂乱ぶり
物理法則をまるで無視した京四郎の王子様っぷりにあんぐり。
そして、介錯の総決算と言わんばかりに姫子、千歌音、にゃーの?などあからさまに「神無月の巫女」など歴代作品のキャラを使ってくる…
まさにネタアニメという位置づけが最もしっくりくる本作ではあるが、ごちゃごちゃしている割に純愛をテーマにしたストーリーは意外にシンプル
「せつな」「ひみこ」そして「空」「京四郎」とキャラたちの大切な人を思う気持ちはしっかり伝わってくる。切なさの感じ取れるラストも着目だ。

そんなこんだで相変わらずな感じの作風であるが
”最後まで見てもらえず損している”そんな印象の作品である。

 

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

B-

映像

音楽

演出

その他

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。