さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

原作の良さをうまく引き出した『のだめカンタービレ』のレビュー(感想) 

 

『ぎゃぼー!』

 のだめカンタービレ VOL.1 (初回限定生産) [DVD]

のだめカンタービレ

 

(200723)

原作

二ノ宮知子

監督

カサヰケンイチ

シリーズ構成

金春智子

キャラデザイン

島村秀一

音楽

松谷卓・のだめオーケストラ・東京都交響楽団

アニメ制作

J.C.STAFF

 

あらすじ・概要

 


ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大生「千秋真一」。恵まれた才能を持ちながらも将来について思い悩み自暴自棄となり酔っぱらって記憶をなくした翌朝、ゴミだめのような部屋で美しいピアノソナタを奏でる変な女「野田恵(のだめ)」に出会うのだった…

感想

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif 原作の良さを引き出した手堅さを感じる良作

指揮者を目指す完璧主義でイケメンの「千秋」とそんな千秋に恋をした破天荒でがさつな「恵」。その恋愛模様をクラシックを絡めて描くラブコメがこの「のだめカンタービレ」だ。


本来、外国人であるはずの「シュトレーゼマン」役に竹中直人を起用するなどかなりはっちゃけたドラマに比べ、アニメ版は非常に手堅い
さすが同じくノイタミナ枠で“ハチミツとクローバー“を手がけた監督そして”姫ちゃんのリボン“”NANA“など数々の少女漫画原作アニメを手掛けた脚本家のコンビらしく少女漫画の良さ、原作の良さをうまく引き出しているといって良い。

一方で少し残念な部分も。
生真面目に作りすぎたのか?音楽を真正面から視聴者に訴えようとする演出か?
演奏シーンの静止画の多用が退屈感を招いた。
演奏において生き生きとした、またはダイナミックな動きを加えていれば評価もさらにあがったのではないだろうか?

ともかく日本編をじっくりと描き、原作のキャラデザイン、内容、そして内容をほぼ忠実に再現した本作。うだうだと書いてしまったが、男性にも、当然女性にも原作同様おすすめできる良作に仕上がっている。

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

B+

映像

音楽

演出

その他

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。