さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

前作が好きなら是非視聴を『クローズZEROⅡ』のレビュー(感想) 

 

『 お前のパンチには愛が足りねぇ 

 メイキング オブ クローズZEROII [DVD]

クローズZERO

 

(2009年/133)

原作

高橋ヒロシ

監督

三池崇史

脚本

武藤将吾・水島力也

プロデューサー

山本又一朗

音楽

大坪直樹

配給

東宝

あらすじ・概要

 


芹沢多摩雄率いる芹沢軍団との抗争をを経て、鈴蘭の頂点に登りつめたかにみえた滝谷源治。“力だけでは鈴蘭を制覇できない”との言葉通り未だ鈴蘭制覇に至っていなかった。そんななか、出所した一人の男をきっかけにかつての忌まわしい事件から停戦協定中だった鳳仙学園との全面戦争に突入する。鳴海大河がまとめあげる鉄の結束を誇る鳳仙学園に対し、鈴蘭はかつてない危機にみまわれる。

感想

 

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif ガチンコ度がUP。完結編として文句なし。


2007
年不良映画としてスマッシュヒットを跳ばした「クローズZERO」の続編にあたる「クローズZEROⅡ」。前作で最大派閥芹沢軍団に勝利した主人公“源治“だったが、未だまとまりを見せない鈴蘭男子高校。そんなまとまりゼロの鈴蘭と鉄の結束を誇る鳳仙学園との抗争を描いたシリーズ完結編。

前作同様に
目で、そして拳で語る男たちの姿は熱く、素直にカッコいい。
特に本作は男と男のガチンコ勝負にこだわっているようで、素手での喧嘩がほとんど。
武器でぶん殴るなどの姑息な喧嘩が描かれないのでその格好良さが際立った。

また、前作以上に各キャラに見どころが与えられているのも本作のポイント
主人公源治(小栗旬)やそのライバル芹沢(山田孝之)はもちろん
源治を支え続ける暑苦しさ満開の牧瀬(高橋努)の男気は冴え渡っていたし
前作の因縁を引きづった伊崎と戸梶の目でのやり取りもしびれさせられ
鳳仙をまとめあげる鳴海(金子ノブアキ)の頭になるだけのその振る舞い
はたまた、やべきょうすけが演じる片桐も熱いシーンが与えられている。
どのキャラにも愛着が持ててしまうこと請け合いだ。

最大の見どころである数百人が入り乱れる大乱闘の互いの制服の色である白と黒のコントラストも素晴らしい本作。前作のテンションを落とさず、続編として完結編として見事に期待に応えてくれたといってもいいだろう。

(余談)
美藤竜也の登場はやはり原作ファンとしてニヤリとさせられた。

 

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

A

原作との違和感

音楽

演出・演技

その他

ストーリー…テンポが良い。大円団!
原作との違和感(高いほど違和感がない)…黒木メイサはいらんと思った 
演出…さらにかっこよさを追求したんだろうなぁと思う。どこからどうみてもカッコいい
キャラ…どのキャラも魅力的。
その他…暴力シーンがほとんどなので万人受けはまずしない

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。