FC2ブログ

さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不良映画のスタンダードとなりうるか?『クローズZERO』のレビュー(感想) 

 

『 源治! てっぺんとれよ 』

 クローズZERO スタンダード・エディション [DVD]

クローズZERO

 

(2007/130)

原作

高橋ヒロシ

監督

三池崇史

脚本

武藤将吾

プロデューサー

山本又一朗

音楽

大坪直樹

配給

東宝

あらすじ・概要

 



芹沢多摩雄率いる芹沢軍団を筆頭に数々のグループが抗争を繰り広げる不良たちの巣窟「鈴蘭男子高校」。今だかつて誰も成し遂げられなかった鈴蘭制覇を目論み、単身乗り込んできた滝谷源治。やがて圧倒的な強さを持つ源治の存在が、鈴蘭のパワーバランスを大きく崩していく…

感想

 

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif 熱い、そしてカッコいい

一昔前は不良映画といえば「ビー・バップ・ハイスクール」と相場は決まっていたのだが…今の世代にはこの映画が不良映画のスタンダードとなるのだろうか?

 

誰も成し得たことのない鈴蘭制覇を目論み転入してきた小栗旬演じる“滝谷源治”。拳で、ときに心で仲間を増やし鈴蘭の頂点を目指していく姿を描いた「クローズZERO」。
原作コミック主人公“坊屋春道”入学一年前の鈴蘭男子高校の抗争を描いたオリジナルストーリーだが、原作そのままの世界観は原作ファンにはやはり嬉しい。


そんな本作の最大の魅力は、
小栗旬、山田孝之を筆頭にした
個性的なキャラたちとこれぞ男と感じさせてくれる演技の数々と演出
喧嘩は滅法強いがどこか不完全な源治とそんな彼を支えていこうとする仲間たち。

鈴蘭の頂点に最も近いとされる堂々たる風格の芹沢。そしてその強さを信頼し集まった有能な仲間たち。
まるで三国志や戦国時代はたまた幕末の動乱の武将、志士たちを思わせるほど
どのキャラも立っている

 

そして、圧巻なのが最終戦。
土砂降りのなか源治を中心に集まるG.P.S.と待ち構える芹沢とその軍団。両者が対峙に至るまでの過程は間違いなく名シーン確定だ。

ともかく「頂点目指してボコスカ殴りあう」だけの話だが、源治の兄貴分としてまたうだつのあがらないチンピラヤクザを熱演したやべきょうすけも含めて、まっすぐな男の姿・熱気がモロに感じられ熱くなれた作品だった。

 

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラ

総合評価

A‐

原作との違和感

音楽

演出・演技

その他

ストーリー…突っ込みをいれると無限にあるが、テンポ良く見れた
原作との違和感(高いほど違和感がない)…黒木メイサはいらんと思った 
演出…かっこよさを追求したんだろうなぁと思う。どこからどうみてもカッコいい
キャラ…山田孝之の演技は抜けてる。
その他…暴力シーンがほとんどなので万人受けはまずしない

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。