さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3期があって欲しい『ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~』のレビュー(感想) 

『 こわい? 』「ええ。でも平気」
『イシターの加護があるから?』「いいえ。あなたがいるから」

 ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD]

『ドルアーガの塔 the Sword of URUK~』

 

(200912)

原作

バンダイナムコゲームス

監督

千明孝一

シリーズ構成

賀東招二

キャラクターデザイン

白亜右月(原案)

音楽

崎元仁

アニメーション制作

GONZO

 

あらすじ


共に旅を続けた“カーヤ”が兄“ニーバ”とともに幻の塔に消えてからしばらく後。手ひどい裏切りを受けた“ジル”は失意の中にいた。そんななか消えてしまった幻の塔へ行く手がかりを掴む“カイ”が彼の前に現れ、かつてニーバのパーティーに属していた魔法使い“ファティナ”戦士”ウトゥ”と新たに加わった“へナロ”とともに幻の塔に向かうのだった。

感想

  yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif やっぱり最終回に衝撃が待っていた

独特の設定とレトロゲームが原作という特色を活かした演出が冴え渡った
王道冒険ファンタジー「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK」。

その続編にあたるのがこの「ドルアーガの塔~the Sword of URUK」だ。


「せっかくクリア…でも裏面があるのかよ…」
と嬉しいような悲しいような衝撃的な結末を迎えた前作。

広げた風呂敷をどうやって畳むのか??
と期待に胸躍らせた人も多かったのはないだろうか。


さてさて気になる内容だが、キャラ良し、趣向を凝らしたストーリー良し、ギャグとシリアスのバランス良しだった前作に引き続き、本作も全体的にはシリアス調だが要所要所に入るギャグ、はたまた面白いと思えるアイデアも顕在。ストーリーも延長上でしっかり前作の続きを追ってくれている。
これぞ「ドルアーガの塔」といえる出来に仕上げてくれているのはうれしい。


ただ一方で、期待感が高すぎたのか、ステージがひとつあがったはずなのにスケールの大きさが感じられなかった点や尺の問題か割とあっさりと物事が片付いてしまったり、キャラへの愛がいまいち感じられない展開など気になるところも散見されたのはファン故だろうか。


と、「カーヤが何故裏切ったのか?」「ニーバが何を望んでいるのか?」「ギルガメスが死なないのは何故か?」
などある程度納得できる回答をみせてくれたのは安心できた。なんだかんだと言ってはいるが、1期と通してみて「冒険ファンタジーもの」としては高いレベルにある作品ということは言っておきたい。

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラクター

総合評価

B

映像

音楽

演出

その他

ストーリー…何か最後はラピュタっぽかったが、冒険ファンタジーものとしては満足いく内容。

映像…すごい乱れる回がある。 キャラクター…ファティナはお気に入り

その他…冒険ファンタジーものが好きな方はおすすめ

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ohzappa.blog9.fc2.com/tb.php/242-929f6356

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD]クチコミを見る ☆「ピッコロのらじお♪第25弾 「ちょっとマイナーだけど今期注目のアニメ」」をポッドキャストにて収録!☆アニメブロガーが集まり、ちょっとマイナーだけど注目している作品につ...
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。