さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マンガを読む -「夕凪の街 桜の国」を題材にして①- 

 

yuyuyuyuyuyuyuyuy.gifマンガを読む 「夕凪の街 桜の国」①  

単純に漫画を読むといったら「ストーリーを楽しむ」これが第1になると思います。
しかしながら、書き手が読み手に”面白く読んでもらうために””印象に残すためには”と意図して様々な演出、技法を用いています。それ故、ストーリーをより引き付けるものとしているのだと思います。
ここでは前回感想を書かせてもらった「夕凪の街 桜の国」を題材にして、書き手のそのような仕掛けに着目してみたいと思います。

 

 

 


 過去表現


過去と現在が交錯する場面では

「物や状況を介してゆったりと思い出される過去にはうすい線」

「突発的な思い出しにはコマの外枠を黒く」といった過去表現の区別が見られる。

 過去の表し方

 

上記の例は「桜の国(2)」の各シーン

上はゆっくり思い出される過去の例

下は突発的に思い出される過去の例


 
 反復表現

対比 

 

左は「夕凪の街」P26 皆実が原爆ドームを見上げるシーン

右は「桜の国(2)」P66より  七波が墓を見上げるシーン

どちらも上を向いており、自分を縛り付けているものへの決別を表現している。

皆実は自分が経験した原爆の記憶に対して、七波は原爆症で亡くなった母と祖母の死に向き合えない自分と世間の偏見に対しての決別といったところでしょうか。

 

その他、P15の皆実の左腕とP63の七波の左腕P44P59のシーンにも反復表現がみられる。

 


 
 伏線


伏線とは、後のシーンのために布石として描かれるシーンのこと。


 伏線


左は「桜の国(1)」P39 

右は「桜の国(2)」P79より 


両方とも鍵でドアを開けるシーンが描かれています。
そして両シーンともに主人公は浮かない顔をしています。 なぜドアを開けることが浮かないことなのかは右シーンのあとにわかります。つまり左シーンはこの右シーンの伏線ということになります。

 

また、そのほかにも「桜の国(1)」P46の友人の表情や次ページの紙吹雪も後のシーンの布石となるシーンが描かれています。 

 


 

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。