さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

じんわりとした感動を呼ぶ『夏目友人帳』のレビュー(感想) 

『優しいものは好きです。あたたかいものも好きです。…だから人が好きです。』

 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD]

『 夏目友人帳 』(2008 13)

原作

緑川ゆき

監督

大森貴弘

シリーズ構成

金巻兼一

キャラクターデザイン

高田晃

音楽

吉森信

アニメーション制作

ブレインズ・ベース

 

あらすじ

主人公「夏目貴志」は妖怪が見える体質故に、周囲から気味悪がられ、人に心を開けなくなっていた。そんなある日、同じ体質をもっていた祖母の遺品の中から「友人帳」を見付ける。これは祖母が妖怪を負かした結果、奪った名を集めた契約書であった。名を取り戻そうとする妖怪から狙われるようになってしまった夏目だったが、とあるきっかけで用心棒となった妖怪のニャンコ先生と共に、妖怪達に名を返す日々を送りはじめる。(wikiより一部抜粋)

感想

 yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif優しい気持ちにさせてくれる良作

最近では「屍姫」「喰霊」「夜桜四重奏」など妖怪バトルものがマンガ、アニメともども多く出回っている印象を受ける。そんななかでこの「夏目友人帳」は毛色が違う。
「友人帳目当てに襲いかかる妖怪」「主人公を守る強力な妖怪」とバトル系と勘違いしそうな設定だが、 実は人と妖怪との交流を描くヒューマンドラマ
そしてそのドラマがまた泣ける

名前を呼ばれることを待ち焦がれて恨みに思う妖怪

人から受けたやさしさが忘れられず成仏できないでいる妖怪

人を愛してしまい、その人から姿を眩ませてしまった妖怪などなど

「人を愛おしい」「人を信じる」といった純粋な気持ち
純粋ゆえに切なさが内包するエピソードはぐっと心に染み込んでくる。

また、さすがに原作が少女マンガ。彼らとの交流を経て次第に妖怪にも、人にも心を開いていく少年の成長が繊細に描写されているのも心地良い。

内容のみならず、演出面でも夏休みを意識したゆったりとしたストーリー展開、間や淡い色遣い、結末からED曲の入りの絶妙さなどじんわりと感動させる仕掛けがなされる本作。 ハンカチを片手に是非視聴をおすすめしたい。

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラクター

総合評価

A

映像

音楽

演出

その他

※ストーリー…おすすめは「燕」の話 ※その他…万人におすすめできる ※音楽…ED曲がなんとも良い

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ohzappa.blog9.fc2.com/tb.php/189-1b3a0306

 第十回目は、2008年7月から放送された 「夏目友人帳」について話したいと思います。 あらすじ・・・主人公の夏目貴志(なつめたか...
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。