さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【スクールランブル二学期】のレビュー(アニメ感想) 

 

 スクールランブル二学期のレビュー

スクールランブル二学期

 

26 (2004)

原作

小林尽

監督

金崎貴臣

シリーズ構成

ときたひろこ

キャラデザイン

渡辺はじめ

音楽

大森俊之

アニメ制作

スタジオコメット

 

[スクールランブル] あらすじ

 

同級生の烏丸大路(からすま おおじ)に気持ちを伝えられないでいる高校2年生の塚本天満(つかもと てんま)。一方、そんな天満に恋をして、こちらも気持ちを伝えられずにいる播磨拳児。天満にふられたと思いこみ日本を離れていた播磨だったが、入魂の漫画を描きあげ日本に舞い戻ってくるのだった。

 

スポンサーサイト
( 2009/08/06 09:18 ) Category 〔さ行〕 | TB(0) | CM(0)

あなたは日本の核武装に賛成ですか? 

  

Yahoo!News (8/4)
英語版はだしのゲンが完成。オバマ大統領にも贈呈、核廃絶に期待。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000083-jij-soci

 
はだしのゲンの英語版がアメリカで出版されたという記事を目にした。漫画は直接的に視覚に訴えかける。今更ながらに原爆が齎した災厄に衝撃を受けたアメリカ人も多いとのことだ。

「はだしのゲン」は作者である中沢啓治氏自身の体験を元に、主人公ゲンが原爆で家族を失いながらもたくましく生きる姿を描いたものだ。

私自身の話をすれば学校の図書館にあったこともあり、生まれてはじめて原爆というものを深く知ることになった作品で、そのオブラートに包み込まない(それでも包んでいるのかもしれないが)直接的な表現に衝撃を受けたことは今でも記憶に残っている。

はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)

一方で、原爆を題材としたマンガのなかでこの「はだしのゲン」は代表作であることは紛うことはないが、原爆を通して、命の尊さそして力強さが描かれた新たな作品も生み出されている。
こうの史代氏作の「夕凪の街 桜の国」もそのひとつ。被爆者、被爆二世、二人の視点から日常のなかに潜み続ける原爆の恐怖、そしてそれに向き合っていく姿を描いた秀作である。 

 夕凪の街桜の国

多くの
人々の命を奪い、今なお奪い続けている原子爆弾が広島、長崎に投下されてから64年が過ぎ、体験者の数減り続ける一方で、私も含め戦争を体験したことのない人の方が圧倒的に多くなった現在。
日本も核武装すべきだ、いや核兵器はだめだそんな議論がなされるなかで言いたいことがあるとするとひとつ。「深く考えずに安易に口にするな」と言うこと。

「はだしのゲン」しかり「夕凪の街 桜の国」しかり 様々なものを読んだり見たり聞いたりし、じっくり考えた上で発言してもらいたいと感じるのである。




 

( 2009/08/10 20:04 ) Category マンガ批評・アニメ批評 | TB(0) | CM(0)

ef ‐tales of memories. [アニメ感想・アニメレビュー] 

 

 

 ef - a tale of memories. アニメレビュー・アニメ感想

ef tales of memories.

 

12 (2007)

原作

minori

監督/監修

大沼心/新房昭之

シリーズ構成

高山カツヒコ

キャラデザ

杉山延寛

音楽

天門/柳英一郎

アニメ制作

シャフト

 

[ef -tales of memories.] あらすじ

 

「広野紘」と「新藤景」は幼馴染の間柄。紘はクリスマスの夜、景のパーティーに呼ばれていたが、ふとしたキッカケで「宮村みやこ」と遭遇し、紘はマイペースなみやこに振り回されることに。紘のクラスメイトで映研部員の「堤京介」はクリスマスの街を撮影中、雑踏の中に少女の姿を見つけカメラを向けるが、つい彼女の姿を撮りそびれてしまう。一方「麻生蓮治」は駅で「新藤千尋」と出会う。翌日、そしてその次の日も蓮治は無人駅におもむき千尋と再会するのだが――。

 

( 2009/08/16 17:48 ) Category 〔あ行〕 | TB(0) | CM(0)

Fate/stay night(フェイト/ステイナイト)[アニメ感想・アニメレビュー] 

  

 

Fate/stay night(アニメレビュー・アニメ感想) Blu-ray BOX <期間限定生産> 

Fate/stay night
(フェイト/ステイナイト)

 

24 (2006)

原作

TYPE MOON

監督

山口祐司

シリーズ構成

佐藤卓哉

キャラデザ

石原恵

音楽

川井憲次

アニメ制作

スタジオディーン

 

[Fate/staynight] あらすじ

 

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る戦争に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。魔術を習うもその才能を見いだせず、半人前の魔術師として生きていた主人公・衛宮士郎。彼は偶然にもサーヴァントの一人・セイバーと契約したことから、聖杯戦争に巻き込まれてゆく……。

 

( 2009/08/21 01:36 ) Category 〔は行〕 | TB(0) | CM(3)
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。