さとすのレビュー白書 

おすすめアニメ・おすすめ漫画を評価別に紹介します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タブーに挑戦?『聖☆おにいさん』のレビュー(感想) 

 
 

『なんだかんだで世紀末もちゃんと働いちゃったしね』

 聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

『 聖☆おにいさん 』

原作・画

中村 光

掲載誌

モーニング2(講談社)

単行本巻数

2巻<連載中>

(参考)

荒川アンダー ザ ブリッジ

も連載中

 

 

 

 

 

感想

   yuyuyuyuyuyuyuyuy.gif 発想力とギャグセンスが秀逸

「夏はお盆休みを取り、年末年始はクリスマスに初詣…

そんな国で生まれるべくして生まれた、それがこの「聖☆おにいさん」という作品だ。

なんと恐れ多くもブッダとイエスが天界から東京立川の安アパートで同居しながらバカンスを楽しむという設定で、その日常をギャグマンガとして描いてしまったのだ。

 

浪費家で観光外国人ノリのイエス様

ジョニーデップに似ていると女子高生に言われて浮かれる…

mixiにひんぱんに足跡を残すハンドルネーム「ゆだ」におびえたり…

一方、ブッダ様は倹約家の顔を覗かせながら

漫画の神様「手塚治虫」先生の描いた「ブッタ」に感銘して全巻揃えてしまったり

時には徳の高いことを言ってしまい後光が差してしまったり…

などなど設定の発想力もさることながら

敷居が高くなりがちな聖人2人をどこにでもいそうなキャラクターに仕立てたこと

また、彼らの逸話や伝説をセンスの良い笑いにしてしまったことも本作の魅力といえよう。加えて、俗っぽいが聖人としてのスタンスを保ちながら生活する点やイエス、ブッダとも均等に扱おうとする姿勢も個人的に筆者の気遣いが感じられ好感が持てる。

 

当然、題材が題材だけに冒涜だと受け取る方イエスやブッダのエピソード絡みのギャグが展開されるのでわからない方は本当にその笑いがわからないなど万人におすすめできるわけではない。とはいえ単に仏教系の学校、キリスト教系の学校に通ってなんとなく知識があるという方や一風変わったギャグマンガが読みたいと考える方にはおすすめできる作品である。

 

 

評価とたまに理由

 

 

ストーリー

キャラクター

総合評価

B

期待度

演出

その他

※ストーリーは笑えるかどうかという観点とテンポの良さでつけた

※期待度…3巻以降の期待度、1巻を超えるインパクトがあるかどうかやや疑問

 

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります

  にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

 

 

スポンサーサイト
( 2009/01/18 00:51 ) Category 〔連載中〕 | TB(0) | CM(0)
ユーザータグリスト
今期視聴中アニメ
全ての記事を表示
カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アニメPV&名曲集
presented by 原作アニメ.com
amarep アマゾンアソシエイト用支援パーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。